90秒

ジル・ボルド・テイラーの『軌跡の脳』を読みました。この本によると、怒りや悲しみの感情は、脳のある部分に対する刺激で放出される物質によるものとありました。その物質は90秒で分解されるそうです。だから、怒りや悲しみは本当は90秒で収まるはずなのに、それ以上続く
のは本人がそれを続けることを選択しているからだそうです。
このことを知って、長く続く怒りや悲しみは、自分の選択でやっていることだと解りました。
この事実は、統合ワークをやりやすくします。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です