並木先生の本

並木先生が、新しい本を青林堂から出版されました。タイトルは、「みんな誰もが神様だった」です。この本は、統合の基本的な考え方を事例を上げて書いているので、統合ワーク初心者の方々にも、統合ワークをしているが最近中々外れた感が得られない方々にもお勧めです。
「人は死なない」を執筆された矢作先生との対談も載っていますし、日本の神々からのメッセージもあり、興味深く読めました。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です